免疫力 を高めるメリットとは?

免疫細胞はすべての生物の体に存在し、日々私たちの体を自然免疫=「免疫力」で守っています。免疫が下がるとどうなるか、免疫力を高める目的、免疫の仕組み、免疫力を高める方法などをご紹介します。

免疫とは?

免疫とは、すべての生物が持っている体を健康に保つためのシステムです。

免疫システムは、細菌やウイルスなどから体を守り、ガン細胞も排除します。また、怪我をした時にも免疫力が高ければ高いほど早く治癒します。

ところが、人間の免疫力のピークは20歳台で、40歳台になると半減。免疫力が下がると共に様々な病気にかかりやすくなります。

そのため、免疫力を高め、免疫年齢を若く保つことは、元気で長生きするための必要条件と考えられています。

免疫が下がると?

免疫力が落ちると…

急に風邪をひきやすくなった。
なかなか治らない。
以前は一晩眠れば疲れが取れていたのに翌日にも疲れが残っている。。

このような場合、もしかすると免疫力が落ちているのかもしれません。
免疫力が落ちると次のような症状や病気の原因になります。

風邪やインフルエンザになりやすい

免疫力が低下すると、免疫細胞が細菌やウイルスなどの異物から守る力も弱くなり、風邪やインフルエンザなど病気にかかりやすくなってしまいます。

疲れやすくて疲労がなかなか抜けない

免疫力が低下していると、心身の疲れの回復が遅くなり常に疲れやすくなってしまいます。ストレスや疲れにも免疫は係わっています。

口内炎がよくできる

ストレスや疲れのせいで免疫力が低下していると、口内炎ができやすくなることがあります。

アレルギー症状が現れる

免疫力が正常に働いていないと、「細菌やウイルスなどの異物から体を守る」免疫が、異物ではないものにまで過剰に反応してアレルギー症状を発する原因になります。

傷の治りが悪くなる

免疫力が低下してしまうと、傷の治る早さが鈍くなるという現象も起こります。免疫細胞は傷を治癒する際にも働いています。免疫力の高さは、細胞の再生スピードと密接に関係します。

ガンのリスクが増加

健康な状態でも、毎日数千個のガン細胞が生まれていると言われています。免疫力が正常に働いていれば、免疫細胞がガン細胞を見つけて増殖を防いでくれます。しかし、免疫力が低下してしまうと、免疫細胞の働きも弱くなり、ガン細胞の増殖を抑えられなくなることがあります。

あらためて、免疫とは​

免疫とは「細菌やウイルスなどの異物から体を守る」ということだけではなく、ケガをしたときの傷口を塞いで肌を元の状態へ戻す時にも、風邪やインフルエンザが治っていく時にも免疫細胞は働いています。知らないうちに、毎日生まれているガン細胞も排除してくれています。

このように、傷ついた体内の細胞を修復し、新陳代謝を促し、体の機能低下を防ぎ、細胞組織の老化も防ぐなど、免疫はさまざまな働きをします。そしてこの免疫はさまざまな免疫細胞で構成されている白血球が主となり働いています。

あらためて、免疫とは​

免疫とは「細菌やウイルスなどの異物から体を守る」ということだけではなく、ケガをしたときの傷口を塞いで肌を元の状態へ戻す時にも、風邪やインフルエンザが治っていく時にも免疫細胞は働いています。知らないうちに、毎日生まれているガン細胞も排除してくれています。

このように、傷ついた体内の細胞を修復し、新陳代謝を促し、体の機能低下を防ぎ、細胞組織の老化も防ぐなど、免疫はさまざまな働きをします。そしてこの免疫はさまざまな免疫細胞で構成されている白血球が主となり働いています。

免疫細胞 マクロファージ

免疫細胞のひとつに、白血球の一種であるマクロファージがいます。
すべての生物の体に存在し、私たちの体を健康に保つ大きな働きをする細胞です。

マクロファージは免疫細胞の中心を担うアメーバ状の細胞で、生体内に侵入した細菌・ウイルス、また異物(がん細胞)をも貪食し消化します。

体の中に侵入した細菌や異物を発見すると、貪食細胞のマクロファージが食べ始めると同時に、他の免疫細胞にその存在を知らせる信号を送ります。

その知らせを受けた他の免疫細胞たちも異物への対応を始めます。傷口の膿や風邪が治りかけの時の青い鼻汁、それらは処理の結果です。

感染阻止

マクロファージは体の至る所に存在します。
健康な生活を送る上で不要な輩が侵入していないかパトロールをしています。 マクロファージが不要な輩と判断した「がん細胞」や、体内に侵入してきた「ウイルス」、「細菌」を発見すると、マクロファージは自身の細胞の中に取り込み「攻撃」「分解」「消化」という一連の作業をおこない感染を防ぎます。

免疫細胞の総司令官

マクロファージは免疫細胞の一つであり、マクロファージ以外にもたくさんの免疫細胞は存在します。
マクロファージは様々な病気に対して効果的な万能性を持っています。が、他の免疫細胞がより効果的な場合もあります。マクロファージはその場合、他の免疫細胞へ働きかけ感染を防ぐように指示を出す「総司令官」の役割をします。

美容にも一役

怪我をした時の傷の炎症を鎮め治癒することも、マクロファージを始めとした免疫細胞の働き=「免疫力」のひとつです。
この治癒の働きは同時に肌や髪の毛をキレイに若々しく保つなど美容に役立つ働きもします。病気の治癒だけでなく、見た目の美しさ、若さにも密接に関係します。

免疫力を高めるには​

マクロファージの活性化には段階があると考えられています。

マクロファージの活性化段階

臨戦状態

病原体と遭遇し「攻撃」「分解」「消化」の作業にある臨戦状態

臨戦準備状態

病原体が侵入してきたら直ぐに臨戦態勢に移行できる状態

加齢・ストレス状態

病原体が侵入してきても直ぐに臨戦できない状態

※健康維持(生体恒常性維持)には、「臨戦準備状態」=活性段階 にあるマクロファージがたくさんいることが望まれます。

「免疫力が高い」とは、活性段階にあるマクロファージが多い状態ということになります。

つまり、免疫力を高めるには、マクロファージや免疫細胞を効率よく大量に活性化することが重要になってきます。

MAF Series emblem

MAFとは?

MAF(Macrophage Activating Factor)とはマクロファージを活性化させる物質の総称です。
マクロファージは体内に侵入してきた「ウイルス」、「細菌」や「がん細胞」を「攻撃」「分解」「消化」という一連の作業をおこない感染を防ぎます。MAFは、この働きをより活性化させます。
この一連の作業の際に炎症反応を起こし、発熱などを引き起こす炎症性サイトカインを発生させるMAFもあります。

再生未来グループ(再生ファーマ)の開発した「MAFシリーズ」に含まれるMAFには、マクロファージを活性化する際に、炎症反応を起こさず臨戦状態に導く(炎症性サイトカインを分泌させない)、という特徴があります。

この「炎症を起こさない」という点が重要で、それにより身体に負担をかけることなく自宅で気軽に摂取でき、生活リズムを崩すことなくこれまで通りの日常生活を送っていただくことができます。

再生ファーマの健康食品《MAFシリーズ》

免疫力が落ちるとどんなことが起こるか、免疫とはどんな働きなのか。
中でも、マクロファージがとても大切な役割を果たすこと、そのマクロファージを活性化させる物質にも触れてきました。

MAF(マクロファージ活性化要素)についてはたくさんの方法や色々なものがあります。

再生ファーマの免疫力活性食品《MAFシリーズ》は、マクロファージをはじめとする免疫細胞を活性化する効果が期待できる自然食品として、長年にわたる研究成果により独自の開発に成功しました。

副作用もなく、炎症を起こさないため、体に負担をかけず免疫力を高めることができます。

自宅で手軽に、経口摂取で免疫力向上を目指す。
そのメリットは大きく、生活リズムを崩すことなく免疫力を高め、病気や諸症状の改善を目指すことのできる、自然なエイジングケアとして国内外から注目されています。

カプセルタイプ、スプレータイプ、キャンディタイプと選べる3タイプご用意しており、小さなお子様からご高齢の方、抗がん剤などその他病気で治療中の方、妊婦さん、家族同様に大切なペット。様々な方にお使い頂いております。

私どもは、皆さまが穏やかで健康な毎日を送るお手伝いをしたいと考えています。

若々しく健康な毎日を送っていただくための製品を研究開発し、世に送り出しています。