Q&A MAFシリーズに関するご質問

これまでに、お問合せをいただいたMAFシリーズに関するご質問にお答えします。

免疫力活性食品「MAFシリーズ」は、再生未来グループと徳島大学との共同研究により、10数年の歳月をかけて開発した免疫力活性食品です。

通常、MAF(Macrophage Activating Factor)と呼ばれるマクロファージ活性化要素は、白血球の一種であり万能細胞と呼ばれる「マクロファージ」を活性化する物質の総称です。

しかし、免疫力活性食品「MAFシリーズ」に含まれているのは再生未来グループが独自開発したMAFで、マクロファージだけではなくその他の免疫細胞も活性化させることが分かっています。

さらに、この独自のMAFは、免疫細胞を活性化させる際に発熱や痛みなどの炎症を起こす「サイトカイン」を分泌しません。

つまり、身体に負担をかけず、病原体が侵入するとすぐ対応できる「臨戦準備状態」の免疫細胞を増やし、自然免疫を高める手助けをすることができるのです。

医薬品ではなく食品です。再生未来グループと徳島大学との共同研究により、10数年の歳月をかけて開発した免疫力活性食品です。

合成着色料、人工甘味料、防腐剤、抗生物質、ホルモン様物質、でんぷん、グルテン、砂糖、大豆、小麦、卵、米は含まれておりません。

製造は日本国内のGMP認定工場(認定番号26518)の再生ファーマ(株)守口工場で製造しております。

【MAFカプセル】1日 2~6カプセル 朝(食前)と就寝前(ともに空腹時)に服用してください。基本は1カプセルを食事の15分前もしくは、食後2時間後の空腹時に水と一緒に服用してください。また、就寝前にもう1カプセルを服用してください。朝と就寝前の個数を2、3と増やしていただいても結構です。

【MAFスプレー】1 日に2~3プッシュ、1日に2~3回。基本は4 プッシュ(1 回2 プッシュ) を目安に 朝(食前)と就寝前(ともに空腹時)に口腔内にスプレーください。 

【エムロリーズ(M-Lollies)】1日1~2粒程度 キャンディが喉につまらないように、口の中でゆっくり溶かしてお召し上がりください。

副作用はございません。しかしながら、過去に1例だけ重度の牛乳に対してのアレルギーをお持ちの方にアレルギー反応があったという報告がございます。

お薬についてはステロイドなど免疫抑制作用のあるお薬との併用は効果が薄れることはございますが、併用も可能でございます。

健康食品については問題ございません。特に乳酸菌を含む食品などと一緒に食していただくと良いでしょう。